エクオール

エクオールをご紹介いたします

エクオールとは?

「エクオール」は、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌の力を借りて、変換されることで生まれる成分のことです。この「エクオール」は、大豆イソフラボン以上に、女性の健康と美容をサポートする成分として期待されています。

エクオールとは?

40代以降女性が持っている健やかさと美しさを保つ力が急激に減少することで、さまざまな変化が起こります。

ほてり・発汗・冷え・頭痛・息切れ・イライラ・不安感・不眠・抑うつ・無気力・疲労感などの更年期症状、加齢によるシワやたるみ、女性ホルモン分泌量が低下することで骨量が減少など、個人差はありますが、年齢を重ねると女性は心身の変化を感じはじめます。若い頃との心身の違いに戸惑う方も多いです。

「エクオール」は、このような世代の女性の健康と美容をサポートする成分として期待されているのです。

体内にエクオールを作るには?

エクオールを作れる日本人女性は5割程度・・・

実は、このエクオールを作る腸内細菌を持っているのは日本人女性では5割程度と言われています。つまり、40代以降の女性の2人に1人は、大豆イソフラボンを摂取しても、体内でエクオールを作ることがむずかしいのです。

通常の食生活から作れるエクオールは3.0mg程度・・・

大塚製薬が様々な研究データを集めた結果、エクオールの1日の摂取目安量は10mgということが分かっています。
エクオールの1日の摂取目安量は10mgを大豆食品に換算すると、納豆1パック、木綿豆腐2/3丁分となります。エクオールは体内には蓄積されるものではありませんので、エクオールを作れる人でも、これだけの量の大豆食品を毎日食べる必要があるということになります。

サプリメントで補う!

エクオールをつくれない方、日常生活で必要量の大豆食品摂取がむずかしい方へ、エクオールを摂取できる食品があります。

当院では、大塚製薬のエクオール含有食品「エクエル」を取り扱っております。「エクエル」を毎日摂取するだけで、一定のペースでエクオールを体に供給できるようになります。

エクオールは体内には蓄積されるものではありませんので、エクオールを作れる人でも、これだけの量の大豆食品を毎日食べる必要があるということになります。エクオールをつくれない方、日常生活で必要量の大豆食品摂取がむずかしい方へ、当院では大塚製薬のエクオール含有食品「エクエル」のご案内ができます。

エクオール含有食品「エクエル」

当院では、大塚製薬のエクオール含有食品「エクエル」を取り扱っております。 40代以降の女性の健康と美容のために摂ってほしいエクオール目安量は1日10mgです。エクエルなら、1日4粒でエクオール10mgを直接摂ることができます。ご希望の方は当院スタッフへお声がけください。

エクオール含有食品「エクエル」

エクオール検査(ソイチェック)

当院は、エクオール検査(ソイチェック)を行っております。皆様の腸内では、大豆イソフラボンからエクオールを作れてるか?作れてないか?尿検査で調べることができます。ご希望の方は当院スタッフへお声がけください。